トップ 連歌入門 Web連歌 高城修三の
部屋
ご案内 リンク集
連歌の歴史
連歌の用語
連歌の楽しみ方
採用句と投句
控えの間
過去採用句
古代史ワールド
文学ワールド
弓月庵日記
   



Web連歌


Web連歌では宗匠が発句を出します。それに続く短句(七・七)、
長句(五・七・五)などを皆様にご投稿いただきます。
その中から宗匠が付け味の良い句を選択し、歌仙(36句)に巻き上げます。
なお、投句は
現代仮名遣いにてお願いいたします
付句の仕方がわからない方はこちらへ。
採用句を下の窓に掲載させていただきます。




   
2017年9月8日起首 「孫の靴」の巻


 初表
 発句   孫の靴なくほどぬらす白露かな・・・・・・・・・弓月
 脇      色付くを待つ山里の柿・・・・・・・・・・・・貴代姫
 第三   月の下在宅介護を決意して・・・・・・・・・・遊楽部
 四句     紅茶の好きな叔母と姪なり・・・・・・・・・貴代姫
 五句   薔薇園の手入れを終えた午後三時・・・・・・竹生
 六句    風吹きまわす夕立間近・・・・・・・・・・・・・ふく女
 諸裏
 初句   大橋を急ぐ娘の白き脛・・・・・・・・・・・・・・・・謡拙
 二句     叶わぬ恋故身を焼き尽くす・・・・・・・・・・・弥生
 三句   生霊は糸毛の車枕元・・・・・・・・・・・・・・・・・竹生
 四句     館を包む虫の音深し・・・・・・・・・・・・・・ぽぽな
 五句   舞踏果て文明開化の秋更けり・・・・・・・・・・浩平
 六句     書生のマント照らす月影・・・・・・・・・・・・ふく女

 

無断転用厳禁




 投句はこちらからどうぞ 

(投句は一人一日一句とします.。また自句に続けて投句できません)